フィルタリングサービス利用方法のご案内

◆『フィルタリング』とは?
インターネット上には、様々な情報が溢れています。しかし、そこには全ての人に有益な情報ばかりが存在している訳ではなく、受け取る側によっては有害な情報となり得るものも数多く含まれています。
インターネット上のページを一定の基準で評価判別し、違法・有害なページ等を選択的に排除することが、フィルタリング(有害サイトアクセス制限)サービスの役割です。

◆『フィルタリング』サービス利用のメリット
例えば、以下のような“保護者が子供たちには見せたくないと思うような内容のホームページ”の閲覧を制限することが可能です。

  • アダルト・ポルノ
  • 出会い系・風俗
  • 暴力・残虐・犯罪・薬物
  • 他人への誹謗中傷、差別表現
  • ギャンブル
◆『フィルタリング』サービスを利用するには?
インターネットエクスプローラ(IE)の機能を使うことにより、簡単にフィルタリングサービスを利用することができます。

  1. インターネットエクスプローラ(IE)を起動します。
  2. [ツール]の[インターネットオプション]をクリックします。
  3. [コンテンツ]タブをクリックします。
  4. [コンテンツアドバイザ]の[設定]をクリックします。
    過去に設定をしたことがある場合は[有効にする(無効にする)]をクリックします。
  5. [規制]の画面で設定を行います。
    カテゴリに「セックス」「ヌード」「言葉」「暴力」という項目があり、それぞれレベル0〜4まで規制の強さを設定できます。レベル0が一番厳しいレベルで閲覧できるサイト数が少なくなります。
  6. 設定が終わったら、[適用]ボタンをクリックします。
    パスワードが必要な場合はパスワードを入力し、設定完了です。
◆関連リンク
財団法人インターネット協会 −フィルタリング情報ページ−

このページの最上部へ